Fly High!! ~ 彼らのStory ~

バレーボール男子応援ブログ

■小田原決戦 〜天皇杯ブロックラウンド観戦 その1〜

それは前日から始まりました。バレーボール観戦仲間と前日から私のうちにお泊まり。ワイワイとお食事をしたあとパナと合成の試合をDAZNで追っかけて、明日の再決戦に向けて、前週の早稲田と中央の試合を復習して、翌日に備えるようという魂胆時々、バレーボ…

◼︎そこにあるドラマ 〜感動と、興奮と、ほんの少しの涙〜 その5

実はこの日、この試合が恐ろしく白熱することになったのは、その前の週の東海大と日体大の試合結果によるもので。東海大は日体大に当たるまでは全勝で進んできていて、中央にもストレートで勝っていていたので、このまま行けば優勝できる勢いでした。私も秋…

◼︎そこにあるドラマ 〜感動と、興奮と、ほんの少しの涙〜 その4

続くと書いたのに、先に進まないまま、約2週間がすぎました。目の前で起きていることに、どんな言葉を当てはめればいいのか、よく分からなくて。(あとじっくり言葉を書いている時間がなくて)その間に、秋季リーグの最終戦、そして、昨日は天皇杯のブロック…

◼︎そこにあるドラマ 〜感動と、興奮と、ほんの少しの涙〜 その3

実はこの秋季リーグが始まったころ、映像で中央大学の試合、石川くんのプレーを見て少し、心配していました。なんかね、しっくりあってないな、という感じが伝わってきたから。中大はポジションの変更などもあったし、石川くんは怪我やアジアカップの合宿や…

◼︎そこにあるドラマ 〜感動と、興奮と、ほんの少しの涙〜 その2

Bコートの一試合目は早稲田と日体大。この間のアジアカップのセッターだった早稲田の山口くんと、日体大の高梨くんがコートを挟んで戦う構図。高梨くんは近くで見るととても顔が小さくて、一体、何頭身なの?というスタイルのよさ。そんなに一見、がっしりし…

◼︎そこにあるドラマ 〜感動と、興奮と、ほんの少しの涙〜 その1

ちょうどバレーボールの生観戦に行ってから、1年という時間が経ちました。多くの人がそうだったようにワールドカップでそのそんざいを知って、そのパフォーマンスを生で見たくななり、一緒にバレーにハマった友達と日体大までまるで冒険のような感覚で見に行…

◼︎こんなところで「マジカル・モーメント」 その3  ~あれ、どこかで似た聞いたフレーズw~

自分の気持ちに素直になるなら、この日は尼崎まで柳田さんのプレーが見たくて足を運びました。だから、準決勝まで彼がピンチサーバーでしか出てこなかったことはやっぱり残念で。もちろん、ワクワクする試合をたくさん見れたし、サントの若者の活躍やセッタ…

◼︎こんなところで「マジカル・モーメント」 その2   ~あれ、どこかで似た聞いたフレーズw~

最近、ブログを書ききれない私ですが、何とか、つないでみる。 9月4日の試合で私を熱くしたものは2つ。 それまでまったくノーマークだった「大阪産業大学」のみなさま。 パナに勢いで勝ち抜き、そして、サントにも1セットをとる快進撃。 もともと見たことの…

■こんなところで「マジカル・モーメント」 その1  ~あれ、どこかで聞いたフレーズw~

まだ、あの興奮が続いています。ふわふわ浮いた感じで現実感がありません。そのくらいの衝撃でした、彼の姿は。 27日(土)はNY帰りで時差ぼけのなか、中大の記念試合を見に、先週末はサントリーサンバーズの試合を見に行く計画で、バレーボール三昧の週末。WL…

■春高バレーは才能の宝庫

WLが終わってもう1ヶ月近く、すっかりバレーロスに落ちいっている状況です。明日から、8月でうちのカレンダーは石川くんに切り替わりますがw。さて、こんなロスな時間に私は何をしていたかというと、主に動画探しです。そんな中でどはまりしたのが春高動画…

■自分への約束 for 2020 - 20歳の決意 -

ああ、かっこいいな、とこの会見を見て思いました。少し懐かしいことを思い出しながら。ソチオリンピックで日本で初めて男子フィギュアで金メダルを取った彼がその決断をしたのは17歳の時でした。カナダへ渡るというニュースを聞いた時、その決意に身震いし…

■Happy Birthday to you  -宝の地図をみつけた男-

Happy Birthday to youあなたがここに 生まれてきてくれて ありがとうそう 世界に一つの「あなた」という奇跡なんだよ Happy Birthday to you 今日も明日もあなたらしくいられますようにずっと見守っているよ いつでもあなたの味方なんだよ 偶然 同じ時期(…

■Boys, be ambitious!   -彼の挑戦-  

目覚めて最初に私が目にしたのは、彼のイタリアへの挑戦の記事だった。 私がバレーにはまるきっかけをくれた彼、石川祐希、その人だった。2015年9月。その日のことをもう詳しくは覚えていない。彼の一つ、一つのプレーに釘付けになって、目が離せなかった。…

■パンドラの匣を開けたのは誰? ~WL観戦 中国ラウンド .vs スロべキア、中国~

スロバキア戦はアイスショーの合間をぬって、iPad観戦。そして、中国戦を見るために、3日はアイスショーが終わってから自宅へ慌てて帰宅。苦しい試合でも最後まで応援すると決めたから。少なくとも今の私にできることはそれ以外には何一つないから。トルコ戦…

■「さぁ鐘をならせ - Dreams come true」 Today's Power Song for RYUJIN NIPPON

WL 中国ラウンドの最終戦が18時から始まる。 OQTで惨敗した中国。 あれが躓いたきっかけだったと今でも思う。 昨日の試合のことで書きたいこともたくさんあるけども。 泣いても笑っても、このメンバーで出来る日本代表の試合はあとひとつ。 悔いのないように…

■「ヒカレ」  ~WL観戦 中国ラウンド .vs トルコ~

WLも終わりに近付いている。 この龍神NIPPONのバレーボールは終わりに近づいている。 せめて未来への希望を見出したい、とそう思っていた。 中国での第一戦目はトルコ。 でも、なんだか、もう相手はどこでもいい気がしてきていた。 どんなメンバーでチャレン…

■夢は誰のものか? ~これからの男子バレーの強化について思うこと~

バレーファンになりたての私にとっては絶望的な気持ちになる記事だった。OQTで結果を出せなかったからこそ、次の東京オリンピックに向けてもうスタート出来るチャンスなのに、何もしないってどーいうことなんだろう?と記事を読んでもしばらく意味が分からな…

■私を癒してくれる曲- 「君の笑顔 - 奥 華子」

今の私を癒してくれる曲。ひとりで聞くと泣けます。そして、なんとなく、ちょっとだけ、力が湧いてくる感じがします。 奥華子-君の笑顔 ( Kimi no egao - Oku Hanako) この歌詞がいろいろドンピシャ。 私が気に入ってるところは、 どんな時も君は 真っ直ぐ…

■囚われたままの心 ~WLライスト観戦 その2~

目が覚めた時、すでに4時半を回っていたと思う。 不覚だ。 さすがに完徹したあと、全部で仮眠を3時間くらいしかしてなかった私は目覚ましでは起きられず。 慌てて、youtubeを確認すると、探しまくらなくても公式で映っていることが確認できたけど、すでに1…

■囚われたままの心 ~WLライスト観戦 その1~

WLのエジプトラウンド。 そんなに早起きの好きじゃない私が休日に早起きして、ライブストリーミングにかじりつく。 それは紛れもなく龍神NIPPONの試合が見たいから。 公式でライブ配信されなくて、ライスト難民になりながら(フィギュアで慣れててよかった)…

■Tomorrow Song - 「ダイヤモンド - コブクロ」

■サタデースポーツ Tomorrow Song バレーボール 柳田将洋選手を支えた歌 これを見てから、柳田くんをみると、コブクロのこの曲が自動的に浮かんでくるようになってしまいまして。(しばらく、ヘビロテしてましたw。)OQTの最後のフランス戦で見せた彼の試合…

【雑感】愛のちから、その形。

世の中にはいろんな人がいる。 それはわかっているつもり。 私自身もバレーはまだまだ見始めたばかりでカテゴリされたらたぶん「ニワカ」。 戦略や戦術的なこともよくわかってないから、そのプレーがワクワクしたとか、かっこよかったとか、そういう視点で見…

■夢の余韻 新しい足音 ~WL観戦 その4~

大阪ラウンド最終日。 この日はアイスショーとダブルヘッダー。 (馬鹿よね、おバカ) どんなスポーツでもそうなのかな?と思うけれど、生観戦はある意味、中毒になります。 好きになったスポーツであればなおさら。 テレビでしか見てない時よりも、恐ろしい…

■夢の余韻 新しい足音 ~WL観戦 その3~

このチームのOQTから抱えているしんどいところは20点以降の点がなかなか取れないところかな、と感じていた。 マッチポイントからの1点がなかなかもぎとれないところにある。 素人なんで、詳細に分析は出来ないけれど、ここを乗り越えないと「善戦」とか、「…

■夢の余韻 新しい足音 ~WL観戦 その2~

三ノ宮から京都までは在来線でも1時間くらいと知り、京都、大阪、神戸って本当に近いんだな、を実感しながら、窓の外に目を馳せる。 新幹線で風景を見てると、なぜか、酔う体質の私は、こっちに出張できてものんびり窓の外を眺めることはほとんどない。 だか…

■夢の余韻 新しい足音 ~WL観戦 その1~

私のWLは水曜日の飛行機同乗事件から始まりまして ようやく帰りの飛行機に乗って、終わろうとしてます。 もともとアイスショー観戦の予定が、アイスショー+ワールドリーグという恐ろしく贅沢な観戦ツアーになりました。 もう、体力勝負以外の何物でもない。 …

【雑感】落ち着け、自分。-龍神NIPPONのみなさまと同じ飛行機に乗りました-

出張へ向かう朝の飛行機で想定外の出来事で、一日のリズムを崩された私です。 今でもふわふわして、なんだか、所在がありません。 私の起ったライブレポートはこちら。 仕事を終え、帰りの飛行機にのって、今日の出来事をゆっくり味わっています。 あれだけ…

【雑感】Rendez-Vousもどき

いまの心拍数はとんでもないことになっています。 「もう、死んでもいい」と今、思っているとか、思っていないとか。 ここ毎日、同じ人たちのことばかり考えていたんです。 WCの後から、OQTが終わっても。 もっともっといろんなことを知りたくて、いろんな情…

■夢をこの手につかむまで  総括2

ようやく1週間経って、平常心が戻ってくる。 ジェットコースターのように感情が動いて、たくさんのことを考えて、たくさんの言葉を綴った。 比較的、オンタイムで書いて来たので、感情がほとばしりすぎたところも。 ま、あとで読み返すと、恥ずかしかったり…

■夢をこの手につかむまで  総括1

OQTを追い続けたこの1週間は、壮絶だった。 心をどこに置けばいいのか、迷いながらの1週間。 今もその余韻は心にも身体にも残っている。 (体重1Kg以上も減ったw) 何が起こるか分からないとは思っていたけれど、こんなにも自分の心に爪痕を残すとは思わなか…

■夢をこの手につかむまで その6

第6戦。 カナダ戦。 この試合をどう見ればいいのか、正直、自分にとっては悩ましい状況だった。 後で録画を見直そうと思ってるけれど、いまは思い出せない。 第7戦。 フランス戦。 東京体育館での最後の観戦。 現地で4戦も見ちゃった。 初日に来た時にはこん…

【雑感】スポーツ観戦に正しい姿はあるのか? - True or False-  その2

私にとってバレーボールはテレビ観戦する競技だった。 テレビの前に陣取ってみるのが習慣で。 カーリングと一緒で男子よりも女子の方が活躍している見えるスポーツだった。 ワールドカップを見るまで、日本は高さのある外国人に勝てないスポーツなのかと勝手…

【雑感】スポーツ観戦に正しい姿はあるのか?  - True or False- その1

(話が重くなりすぎてきたので、一旦、横道に逸れてみることにした。それなのに、長文w) ここにもいるのか、と深いため息をつきたくなる。 散々、フィギュアで繰り広げらえた光景をもう一度、目の当たりにする、まるでデジャブのよう。 ニワカファンが嫌い…

■夢をこの手につかむまで その5

第5戦崖っぷちのオーストラリア戦。 最後まで見るのが一番つらい、試合だった。途中で、もう、諦めていいよと心の声が飛びだしそうだった。 怪我で出れなくなった柳田くんの分も頑張ろうと石川くんは思ったのかもしれない。でも、イラン戦の後半ぐらいからな…

■夢をこの手につかむまで その4

第4戦 運命のイラン戦。この試合でほとんどこのOQTの行方が決まると思っていた。だから現地で見たかった。コートサイドの端っこの方で静かに見守った。イランは強かった。いや、日本が弱かったのかもしれない。ギリギリまで追いつめたように見えて、大事なポ…

■夢をこの手につかむまで その3

そんな感想を持ちつつ、試合では全力応援。 第1戦。 ベネゼエラ戦。 試合は1セット取られるところから試合はスタート。 一つ一つのプレーがものすごく雑に感じられてはらはらしながら行方を見守る感じになった。 上手く言えないけども、ボールがつながらない…

■夢をこの手につかむまで その2

ワールドカップでオリンピックの切符を取れなかったチームに、OQT(世界最終予選)というものがあるのを知った。 今までテレビでやっている時だけ、バレーボールを見る、というスタンスだったので、この競技の国際大会がどうなっているか、オリンピック選考…

■夢をこの手につかむまで その1

たいして眠ってないのに朝が来た。空は真っ青。わたしの心とは反対の快晴。 まだ喪失感が癒えない。昨日の試合で男子バレーボールチームのリオオリンピック出場の機会は断たれた。いろんな思いが交錯して、自分の気持ちすらまだ整理できていない。 紛れもな…

■NEXT4 石川くんの大学の試合を見に行きました! − おまけ

初めて大学の体育館にバレー観戦に行くという経験をしました。ま、場所によって様子も違うのでしょうが、私なりの備忘録として書いておこうかな、と思う。あとで、書き足すかも。 ・準備するもの ・スリッパ(大学の体育館は土足厳禁でした) ・靴を入れる袋…

■NEXT4 石川くんの大学の試合を見に行きました! − その4

正直、バレーの作戦面にはまだまだ詳しくありません。しかも記憶力にも自信がないので、その試合の細かい部分を振り返るのは難しいのですが、今日の試合を見てて思ったことを、いくつか。 とっても当たり前のことなんだけども、バレーはチームスポーツ。一人…

■NEXT4 石川くんの大学の試合を見に行きました! − その3

体育館に戻ると、法政大学と東京学芸大学の試合が始まってました。1試合目よりもラリーが続く展開で面白い展開で、ついつい前のめりに。 ここで気づいたこと。スケートと違って、目線を横に動かす必要がないので(コートを縦にみるのがメインなので)、実は…

■NEXT4 石川くんの大学の試合を見に行きました! − その2

まずは1試合目。日体大と専修大の試合を観戦。 バレーでどんな応援をするのか、客席がどんななのか分からない私たちは、つい、フィギュア風に。ブロックやスパイクが決まるたび、どっちでも拍手する私たち。いや、何かが違うw。 体育館ではAコート、Bコート…

■NEXT4 石川くんの大学の試合を見に行きました! − その1

ミーハーな私は、先日のW杯ですっかり、バレーファンになりました。もともと、スポーツ観戦、大好きなのでテレビではいつもバレーボールもみていたのですが、あまりにも劇的な試合運びにすっかりハマってしまい。全試合をテレビで見た結果、石川くんのファン…