読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fly High!! ~ 彼らのStory ~

バレーボール男子応援ブログ

■NEXT4 石川くんの大学の試合を見に行きました! − その2

まずは1試合目。
日体大専修大の試合を観戦。

バレーでどんな応援をするのか、客席がどんななのか分からない私たちは、つい、フィギュア風に。
ブロックやスパイクが決まるたび、どっちでも拍手する私たち。
いや、何かが違うw。

体育館ではAコート、Bコートの二面で試合が進行するので、片側を見ようと思うんだけど、いろいろ私の意識をかき乱すものがいろいろ。

一つ目は、コート間に両チームのチームメンバーが応援団のように立って応援してるんだけども、それが、ただ声を出すだけでなく、踊ったり、踊ったり、タオルをまわしたり、いろいろアクションしてて、目を離せない展開に。
踊っている人たちは、一生懸命に振りを合わせようとしてるんだけど、微妙にずれてる感じがまたなんとも言えず、面白くて、ついつい、そっちに目が行ってしまうし、早稲田大学の応援団の応援がとっても楽しそうで、そっちに加わりたくなったり、自分の周りであまりにもたくさんのことが同時進行されるので集中できず。

でも、何かそんな雰囲気がとっても私は気に入りました。

最近の現地観戦と言えばフィギュアがメインで、フィギュアって特に日本で見るととっても窮屈。
声を出していいタイミングはここ、バナーは人に邪魔にならないように、とか、前のめりはだめ、観戦中は静かにとか、もちろん理にかなっているのは分かっているんだけども、もの凄く肩が凝る。

秩序のない感じがとっても居心地がよくて、全く知らない選手同士の試合も、バレーそのものの面白さにいつの間にか、前のめりになって応援してました。
パンフレットが売り切れで買えなかったので、各大学の気になった選手の名前も分からなかったけど、試合はとっても面白かったよ。

1試合目が終わって、まずは何かを食べたいな、ということで、学食に挑戦してみることに。

体育館を出て、階段を下りているときにアクシデントが。
話に夢中になっていた私たちの方向に、バレーボールが跳んで来て、
階段の手すりに当たって、跳ね返って、私たちには当たらなかったのですが、むっちゃ驚いて。
ボールの方向をみると、なんと、NEXT4の高橋さんがチームメートと練習中でした。

きっと、わたし、とっても驚いた顔をしていたのでしょう。
あの高橋さんから「すみませ?ん」と笑顔たっぷりに言われて、一瞬、固まってました。
そのときは認識できなかったんです、彼だと。
お友達があれ、NEXT4の高橋さんじゃ?と言ってくれて、おおおお、とまじまじと見てしまいました。
テレビで見るよりも、生で見る方がイケメン度が増してて、かっこ良かったよ、そして、でかかったw。

そんなアクシデントを経て、約20年ぶりの学食という場所で「カツカレー」をいただき、体育館へ戻るのでした。


■今時の学食

 

f:id:t_seria:20151010224550j:plain

 

■カツカレー

f:id:t_seria:20151010224600j:plain