読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fly High!! ~ 彼らのStory ~

バレーボール男子応援ブログ

■囚われたままの心 ~WLライスト観戦 その2~

目が覚めた時、すでに4時半を回っていたと思う。
不覚だ。

さすがに完徹したあと、全部で仮眠を3時間くらいしかしてなかった私は目覚ましでは起きられず。
慌てて、youtubeを確認すると、探しまくらなくても公式で映っていることが確認できたけど、すでに1セット取られていることに気づいて。

嫌な予感が当たった、と思っている。

OQT
からの連戦と長い移動でみんな疲れてるんだろうな、と思える試合展開。
ラマダンのせいで夜遅い試合。

心の疲労もある中で、前を向いて戦い続けることって本当に大変なんだろうな、と。

大阪では勝ちきったフィンランド相手に、ずっと苦しい展開。
点数が重なっていく気がしない。
このチームが勝つ姿を今は想像ができなくて。


もう、これ以上、怪我人を出さずに、無事に試合が終わったらいいな、と消極的な気持ちになってしまう。
チーム状態が良くない時でも試合はやってくる。
なんとかならないものだろうか、とふと。

そして素人の私でも憤るようなベンチ采配。
なんで、そこなの?と思わず、ライストの前で叫びたくなる。
覚悟してたけど、辛いなぁ、こういう試合を見るのは。
しかも朝から。

石川くんが怪我でこのチームを離脱したことがこんなに大きなことなんだろうな、とぼんやり思う。
もう、彼はこのチームが勝っていくのに、必要な人材になったんだなと。

こういう試合展開を見ているとあの爆発力と、負けん気を見たいな、と思ってしまう。
石川くんや柳田くんを見て、バレーを見たくなったのは、たぶん、そういう強さと勢いに惹きつけられるから。

彼らが中国ラウンドをどう戦うかわからない。
私はまた、アイスショーの合間にライストでその雄姿を追いかけようと思う。
ちょっとでも、何か光がみえるといいのだけれど。

苦しいなあ、OQTから、ずっと。

  • (おかげで痩せましたわw)